男性の結婚線

結婚線は、まさに結婚についての手相です。

この手相は、男性よりも女性の方が気になるのではないかと思いますが、ここでは男性の結婚線について話してみましょう。

結婚ができにくい、または恋愛のチャンスが少ない男性、それか結婚運が悪影響を及ぼす男性の手相について見てまいりましょう。

手相で、結婚恋愛を示す相と言うと、結婚線や感情線、印象線、パートナー線、窮愛線などいろいろな線があります。

これら、それぞれの状態により出される意味が悪ければ、結婚や恋愛のチャンスが少ないと言えるようです。

まずは、結婚線の状態について。

結婚線がない人、もしくは結婚線が短い場合。

結婚線がない場合は、結婚のチャンスが非常に少なく、また結婚したとしてもパートナーとの縁が薄く、苦労する場合が多いようです。

そして、結婚線の始まり部分に島のようなものがあったり、Yの字に枝分かれしたりしているといった場合は、結婚に至るまでに家族や周囲からの反対など、さまざまな障害に阻まれ、非常に苦労するということになるようです。

また、結婚線が格子状になっている場合は、独り身の生活がとても長く続くと言われています。

しかし手相とは変化するものです。

本人の努力しだいで、手相は良くも悪くもかわります。

本人が、結婚したいと願うようになり、いろいろな面で改めるようになると、手相も変わってきます。

しかし、結婚できたからと言って何もしなければ、結婚線じたいが、また悪い状態を表すものに変化してきます。

結婚生活とは、自分1人のものではありません。

常に何か努力をしていないと、良い結婚生活を送ることはできないでしょう。